スキーワックスの選択 雪温って何度?

みなさん、スキーワックスどうしてますか?
私は、スキーを再開した3シーズン前は、スプレータイプの万能ワックスを使っていました。
簡単で何も考えずに塗れる便利なワックスですが、ある時、感じたのが、

「なんだか滑りが悪い。」

「そこそこ滑りはするのだが、こんなもんなのか?」

一度気になると、もうおしまい。
何とかしたい。
0.1秒を競うようなレースをやるわけではない。
しかし、よく滑る板の方が、楽しく滑れるし、スキー操作もしやすいように感じます。

昔は万能ワックスと言えば銀パラ。
少し滑れるようになり生意気になってくると、
TOKOのイエローかレッドを生塗り。
もう少し生意気になると、先っぽに金属のついたバーナーでホットワックス。
スキー板が燃えやしないかと、ハラハラしながらワックスがけしたことを思い出します。

リキッドワックス購入

早速、スキーショップへ行きワックス売り場へ。
いろいろなワックスが並んでます。
しばらく眺めていると、
リキッドワックスなるものを発見しました。

なんじゃこりゃ?

ハヤシワックス

林さんが作ったワックス?

何だかよく滑りそう。
ブラシとか、グッズもいろいろある。
こういったグッズ、私は大好き。

カタログには、下記記載があります。

固形ワックス(アイロン用)NFシリーズ・SHFシリーズ・RMUをリキッド化した次世代ワックス。
塗ってブラッシングするだけのリキッドタイプ。プロから初心者まで仕上がりは同じ。

HAYASHI WAX RACING WEAPON 2022-2023より

さて、どうしよう。

値段も少々お高いが。

使ってみようか。

そして購入したのがこれ。

・NF-02 LQD(ベースワックス) -2℃ ~ -8℃ 50㏄ 3,200円
・LF-02 LQD(トップワックス) -2℃ ~ -8℃ 80cc 4,200円
・SHF-01 LQD(トップワックス) 10℃ ~ -2℃ 100cc 4,200円

塗り方は、カタログにも丁寧に記載ありますし、YouTubeでも実演付きでアップされてます。

ホットワックス掛けるより数段楽ちんです。
ポイントは、ブラッシングかな?

昨シーズンから使っていますが、快適です。

ハヤシワックスについては、また別の機会に投稿したいと思います。

次に気になったのが、温度。

雪温って、何度?

スキーワックスは、雪質により、3つのタイプがあります。

・柔らかく水分の多い雪(WET) 10℃ ~ -2℃
・WETとDRYの中間        -2℃ ~ -8℃
・パウダースノー(DRY)     -8℃ ~ -32℃

目安としては、グローブで雪を握り、

雪玉ができればウエット。

雪が握れず、指の隙間からこぼれ落ちればドライ。

基本は、真ん中の青い「02」(WETとDRYの中間)を塗っていれば、なんとかなります。

1月の北海道遠征も、問題ありませんでした。

しかし、雪温って、いったい何度なんだろう?

気温との関係は?

疑問は深まるばかり。

ということで、実際に測ってみました。

購入したのがこれ。

SWIXレーシング温度計 T0095

使い方はこれ。

これで疑問が解決します。

実際に測ってみると 1日目

2月某日、いつものかたしな高原スキー場へ。

朝一、第2ペアリフトを降りたあたりで計測してみます。

まわりの目が少し気になりますので、少し離れた場所で、計測してみました。

まずは気温を測ります。

ポケットから温度計を取り出し、雪面に逆さに差し込み、3分待つと、

マイナス4℃くらいでしょうか?

次に雪温を測ります。
雪面から2cmほど中まで差し込み、3分ほど待つと、

マイナス6℃

雪面から温度計を抜き、外気に触れるとすぐに温度があがりだしてしまいますので、何度か試しましたが、マイナス6℃でよいでしょう。

朝一番の計測の結果は、気温マイナス2℃くらいが、雪温という結果でした。

実際に測ってみると 2日目

今回のかたしな遠征は、一泊しました。

昨日は、朝のまだ気温が低い時に計測しました。

しかし、昼頃になると、上着を脱ぎたいくらい気温が上がります。

今日は、気温の上昇した昼頃に計測をしてみることにしました。

まずは気温を測ります。

気温は、プラス6℃

今日は暖かいです。

そして、雪温は、

0℃

今回も、外気に触れるとすぐに上昇するので、何度か試しましたが、マイナス0.5℃~0℃のあたり。

気温との差は、6℃もあります。

まとめ

今顔の測定では、気温と雪温の関係は、気温より雪温が「2度~6度低い」という結果になりました。

しかし、その日の気温や測り方、場所によっても、変わってくるような感じがします。

特に気温が高いと、雪温との関係性は、ばらつきがでそうです。

ワックスを選択する気温の目安としては、

気温が0℃以下の場合、青色(-2℃~-8℃)のワックス。

気温が1℃以上の場合、黄色(+10℃~-2℃)のワックス。

こんな感じでしょうか?

レースとかやる選手の人たちは、きっちりと測るのでしょうが、のんきな週末スキーヤーにとっては、これで十分。
謎がとけました。

ちなみに、1日目は青色、2日目は黄色のワックスを塗りました。

どちらもよく滑りました。

スキーワックスは、奥が深そうです。